失敗しないかつら選びのための情報サイトin大阪

HOME » かつら購入前に知っておくべき事 » 増毛、かつら、植毛の特徴を比較

増毛、かつら、植毛の特徴を比較

薄毛の悩みを解消するために

薄毛のコンプレックスを解消させる3つの方法

年齢と共に頭髪が薄くなっていってしまうことは、人によっては仕方のない事であり、防ぐことも簡単ではありません。予防措置をどれだけ講じていても薄毛になってしまった場合には、コンプレックスを軽減させるためにどのような手段に出るかが重要となります。

薄毛に悩んでいる人が一般的に解決策を探るとなると「植毛」や「増毛」あるいは「かつら」を使用するという3つの方法があります。それぞれ、個人によって合ったり合わなかったりするため、どれを利用するべきかを検討する必要があります。

植毛、増毛、かつらの違い

植毛は医療行為にあたる

本当に効果があるのか分からない育毛剤を毎日欠かさず使用するくらいであれば、思い切って植毛をしてみることをおすすめします。植毛とは、人工毛髪を頭皮に直接埋め込んでいく手法を意味します。この方法は、女性が行う、まつげエクステに方法が似ていますが、エクステの場合はまつ毛に人工まつ毛を接着する施術方法となります。そのため、毛ではなく頭皮に埋め込む形の植毛の場合は医療行為に当たり、医師以外にはできないようになっているのです。

自分の髪として、その後の生活を普段通りに過ごす事ができるため、費用は安くはありませんが特別なメンテナンスの必要もなく、髪に悩みのある人にとっては最も確実性が高いと言えます。ただし、人によっては頭皮に人工毛髪が合わず、アレルギー反応のような症状が出てしまう場合もあります。そう言ったリスクがあるからこそ医療行為に該当されているのですが、植毛をする前には必ず専門医と詳細な面談をする事が大切です。

増毛は地毛に人工毛髪を編み込む

薄毛と言っても人それぞれ状態は異なります。部分的に薄い箇所があって気になっている人や、まだ残っている髪の割合の方が多いものの最近少しずつ薄くなってきたと感じる人であれば、増毛によって薄毛対策を施すとメリットが多く得られます。
植毛が頭皮に人工毛髪を埋め込む手段である一方で、増毛は髪に人工毛髪を編み込む、もしくは結びつけることによって髪のボリュームアップを図る方法となっています。頭皮に埋め込むとなると炎症等の症状が出てきてしまうリスクを伴いますが、あくまで地毛と人工毛髪とをくっつける方式ですので危険性はほとんどありません。

また、人工毛髪でなく人毛を使う事も可能ですが、どちらにするかは本人の自由です。増やす本数も好きな数に設定できるため、選択肢の幅は植毛に比べて広くなっています。
植毛とは異なり定期的なメンテナンスが必要となりますが、少しずつ増やして行く事が可能であるため明らかに人工的に髪を増量してきたと思われにくくなります。ただし、元々の髪の毛の本数によっては施術困難となる場合もあるため、誰もが利用できる方法であるとは限りません。

かつらは昔より快適に進化をした

もっとも古くから薄毛の悩み解消のために使われてきた道具がかつらです。頭にかぶせるだけという非常にお手軽な利用方法である一方、かつてはズレたり落ちたりしてしまう事も多く、薄毛に悩む人にとっても心理的な負担が少なくないアイテムでした。

ウィッグと言う呼び方も定着してきた現代では、一昔前のタイプよりも髪型の種類が多くなっています。人工毛が基本だった昔とは異なり人毛を使っているタイプも増えてきているため、より自然な印象を周囲から得られやすくなります。手入れには手間もかかりますがカラーリングなどをする事もできるため、アレンジ可能な髪によって生活を充実したものに変える事までできます。

 
男性用かつら購入ガイド大阪編