失敗しないかつら選びのための情報サイトin大阪

HOME » かつらの取り扱い入門講座 » 長持ちさせる手入れの方法

長持ちさせる手入れの方法

毎日かつらを使用していると、毛が抜けたり色褪せたりと、様々な問題が発生します。

そこで、これらの原因やメンテナンスの方法を紹介していきます。

かつらをセットする時に気をつけたいこと

かつらの抜け毛の主な原因は、毛を植えているベース部分が地肌の皮脂の影響で傷んでしまう場合がほとんどです。また、かつらの毛自体が傷み、弱くなって、切れたり、抜けたりする場合もあります。

例えば、人工毛の場合、その原料が化学繊維のため、静電気や摩擦に弱く、普段の生活をしていても傷んでしまいます。特に髪型を整えるとき、櫛に絡まった毛を無理に引っ張ると静電気が起きやすくなります。

そのため、静電気防止ブラシを使ったり、衣服には静電気防止スプレーをかけるなどして、極力静電気を起さないよう気をつけて下さい。

洗う時に気をつけたいこと

髪を洗う際のシャンプーはメーカーが推奨しているものを使用する方が良いでしょう。市販されているシャンプーは油脂やスタイリング剤を落とすために刺激が強く、毛を痛めてしまうので、あまり使用しなで下さい。また、洗う際もやさしく丁寧に洗い、熱いお湯は避け、ぬるま湯を使用するようにして下さい。

尚、シャンプーやトリートメントをした後は、しっかりと洗い流すようにしましょう。

いくら良い成分であっても、かつらに残っていると単なる汚れになってしまいます。かつらを痛める原因になりますので、注意して洗って下さい。

その他、お風呂上がりなどの髪が濡れた場合は、水分を優しく拭き取るようにしましょう。一度縮れてしまうと、元に戻らないので十分に気を付けて下さい。

色の変化にも目配りを

最後に色褪せについてですが、こちらは人毛の場合が多く、人工毛にはありません。

人毛は、毛の色を一度抜いて、オーダーに合わせて染色するので、一定の期間が経過すると色褪せてしまいます。購入したお店で、色を染め直すことも可能なので、色落ちが目立ってきたら相談してみてはいかがでしょうか。

かつらを長持ちさせるコツは、かつらを丁寧に扱うということに尽きると思います。また、メーカーによって様々な修理を受け付けていますので、傷みの少ないうちに相談してみてはいかがでしょうか。

 
男性用かつら購入ガイド大阪編